ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETCの高速乗り過ごし…追加料金なしで戻る方法

車中の会話に気をとられてICの看板を見落としたなどの理由で、高速道路の出口を乗り過ごした経験がある人も少なくないはず。こうした場合、やってはいけないのが路肩をバックして出口まで戻ること。交通違反であることはもちろん、たいへん危険でもあります。実は、高速道路にはETCを使って乗り過ごしても追加料金なしで戻る方法があるのです。


ETCの高速乗り過ごしで追加料金なしで戻る方法

ETCでも係員のいる一般レーンを選択

高速道路でICを乗り過ごした場合、多くの人は仕方なく次のICで降り、一般道でUターンして先ほどのICから逆方向へ乗り直すという走り方をしている人が多いでしょう。この方法であれば、高速道路を逆走するのと違い違反となりませんが、余計に走った分だけ高速道路の通行料金が高く付いてしまいます。

しかし、実は高速道路にはICを乗り過ごしたときにUターンして戻れる制度があるのです。NEXCO3社の利用規約のなかには「利用者の事情による転回」という規則があり、各社の指示に従いUターンして元に戻る場合は、乗り過ごしで往復した分の通行料金は不要となります。

ここで、NEXCO3社の「指示」に従いとなっているため、ICではETC利用時であっても係員がいる一般レーンを選択。なお、ETC専用のスマートICではUターンできないため、その先の一般レーンがあるICまで走り続けます。

乗り過ごしたICでETCで普通に通過

一般レーンで係員へICを乗り過ごしたことを伝えると、係員はドライバーの運転免許証とETCカード、そしてナンバープレートの情報を記録したうえ、Uターンの案内をしてくれます。そして、ETC車の場合であればUターンして入る逆方向の料金所の通過ゲートが指定され、ETCカードを入れた状態で通過が可能です。

また、ETCではなく現金・クレジットカードで支払う場合は運転免許証とナンバープレートを記録したあとUターンの案内が行われます。到着した逆方向の料金所で通行券は新たに発行されず、そのまま通過して本来降りる予定だったICまで走行することになります。

その後、ETC利用であれば降りる予定のICはETCレーンを利用可能で、とくに通過するレーンの指定はありません。また、現金・クレジットカードの場合は一般レーンで元々持っていた通行券を渡して通行料金を支払います。いずれのケースでも、通行料金は元々走行予定だった区間分だけで、Uターン分は請求されずに済むのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事