ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

新幹線の自由席は偶数号車のB席が狙い目だった

帰省ラッシュとなる年末年始、新幹線の指定席が取れずにやむなく自由席の空席を何とか確保しよう思っているという人は多いでしょう。実は新幹線の座席数は、車両によって異なっています。このため、座席数の多い車両に並べばそれだけ座れる確率が高くなるということ。新幹線の自由席は偶数号車が狙い目です。


スポンサーリンク
新幹線の自由席は偶数号車のB席が狙い目だった

新幹線自由席の座席数は車両で違う

新幹線の指定席は料金もバカになりません。東京~新大阪間の新幹線「のぞみ」では自由席特急券と指定席特急券の差額は830円にもなります。とはいえ、新幹線の自由席は事前に並ぶのは必至です。

新幹線の自由席に並ぶとき、単純にホームに並ぶ人の列の長さで決めている人も多いでしょう。「のぞみ」の自由席は1~3号車、「ひかり」は1~5号車。何号車でも座席数は変わらないように見えますが、実は車両で30席以上も違っています。

1号車は運転室があるため座席数が最も少ない車両。そして奇数号車にはトイレなどが設置されるため座席数が減ります。例えばN700系は、運転席とトイレのある1号車の座席数は65席、またトイレがある3号車の座席数は85席です。

しかし、トイレなどが設置されていない2号車の座席数は100席。1号車と比べると2倍近い座席数の違いがあることになります。3号車と比べても10席以上の差。新幹線の自由席に座るなら、偶数号車に並ぶのが正解です。

新幹線自由席のシートの幅ならB席

新幹線の自由席は通路をはさんで3席と2席に分かれています。3席の窓側から「A・B・C」、2席の通路側が「D」、窓側が「E」。このうちB席は、両側を席に挟まれた窮屈なシートとして敬遠されがちです。

ただし、このB席にもお得なところがあります。ほかの座席にくらべて、シートの幅が広いのです。300系以降、新幹線のB席は幅46cmで、ほかの席より3cm広い設計。N700系で窓側や通路側も少し幅が広がったものの、それでもB席は2cm広いのです。新幹線の自由席では、スペースだけ考えればB席が意外に狙い目なのでした。

なお、N700系の座席の間隔は普通車1,040mmのところ、1号車と16号車は形状の兼ね合いから1,023mm。新幹線自由席では1号車は絶対に避けるべきでしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事