ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

新幹線や特急の切符を紛失しても損をしない方法

新幹線や特急列車に乗ったあと、カバンに入れたはずの切符が見つからないといったトラブルは少なくありません。当然、そのままでは改札を通過できませんが、JRではこうしたトラブルへの対応策をしっかり用意しています。ちゃんと手続きすれば、あとで切符が見つかった場合はそれほど損をしない仕組みになっているのです。


新幹線や特急の切符を紛失しても損をしない方法

切符紛失は一旦再購入して払い戻し

JR各社路線に乗車した際、列車の中や駅などで切符を紛失、あるいはカバンに入れた切符が見つからないといった場合、降車駅の有人改札口でそのことを伝えたうえで、手続きを行うことになります。この際、乗車駅や利用した新幹線など正しく伝えることがのちの手続きで重要になるのです。

そして、改札口で乗車券や特急券を割引なしの金額で再購入したうえで「再収受証明」を受け、持ち帰ります。その後、1年以内に紛失した乗車券などが発見された場合は、最寄りの駅へ持ち込むことで、再購入した乗車券は220円、特急券などは340円の手数料で払い戻してくれます。

再購入した乗車券・特急券を払い戻すためには、元々の乗車券・特急券と同じ区間で正しく購入しておくことがルール。例えば、東京駅~新潟駅間に乗車して切符を紛失した際に、料金が安いからと長岡駅~新潟駅で再購入すると、元の乗車券・特急券が発見されても払い戻しを受けられない可能性があり要注意です。

ICカード乗車で紛失しても払い戻し

紙の乗車券・特急券ではなくスマートEXや新幹線eチケットなどで乗車したあと、改札を通過した交通系ICカードを紛失してしまった場合はどうなるのでしょう。実は、スマートEXと新幹線eチケットでは紛失時の取り扱いが少し違っています。

スマートEXの場合、有人改札口で乗車ルートと同じ乗車券・特急券を割引なしの金額で再購入して一旦改札口を出ます。そして、紛失した交通系ICカードの利用停止と再発行手続きを行い、届いた新しいカードと再購入した乗車券・特急券を駅に持ち込むと、手数料320円で再購入分の払い戻しが受けられます。

新幹線eチケットの場合、有人改札口で乗車ルートと同じ乗車券・特急券を再購入するところまではスマートEXと同様です。一方、払い戻しについては新幹線eチケットサポートセンターで行う仕組みで、再購入した乗車券・特急券を新幹線eチケットサポートセンターへ郵送すると、手数料を引いた額の払い戻しを受けられます。

払い戻しの手続きに差があるものの、スマートEXや新幹線eチケットでは紛失した交通系ICカードが発見できなかった場合でも、手数料はかかるものの払い戻しが可能。スリ・置き引きといった盗難に巻き込まれたケースを考えると、新幹線は交通系ICカードを利用した方が紙の切符より安全といえます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事