ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

無停電電源装置を備えた本格派のポータブル電源

停電対策として備えておきたいのが、大容量のポータブル電源。いざという時にスマホの充電はもちろん、さまざまな家電製品が使えるのは心強いところ。停電していても、フツーの生活を遅れるのは大きなメリットといえるでしょう。そこで、人気の「ポータブル電源」の中でも一歩先行く先進的な製品を紹介しましょう。


無停電電源装置を備えた本格派のポータブル電源

停電の検知で給電するポータブル電源

suaokiの「ポータブル電源G1000」は、定格出力1,000W、ピーク出力2,000Wと高出力ですが、50Hz/60Hz変換が可能で、AC出力を4口搭載しています。

UPS(無停電電源装置)を備え、停電を検知すると0.01秒以内に内蔵電池による給電に切り替わるのが特徴。サーバーや通信機器のバックアップ電源としても活用できる本格派です。

ディスプレイにはバッテリー残量に加え、出力ポートのON/OFFなどを表示。AC出力は4口あるので、使い勝手はバツグン。ピーク出力2,000Wなので、一部の調理家電なら使えそうです。

電池タイプはリン酸鉄リチウム電池(LifePO4)、容量は369,600mAh/1,182.72Whです。出力はAC ×4(110V、50Hz/60Hz、正弦波)、シガーソケット×1、DC ×2、USB-A ×2、QC3.0×2、USB-C×1(PD3.0対応)。サイズ/重さは35W ×34.5H ×31.5Dcm /23kgとなっています。実勢価格は179,980円です。

パススルー充電対応のポータブル電源

MAXOAKのポータブル電源「BLUETTI EB150」は、278,400mAh/1,500Whという超大容量が特徴で、32型テレビ(70W)であれば約70時間の連続視聴が可能です。最大出力の表記はないものの、定格出力1,000Wで炊飯器や扇風機といった幅広い家電製品が使えます。

本体を充電しながら電源を供給できる、パススルー充電にも対応もしており便利です。モニターには、電池残量や出力ワット数などを表示。小型の冷蔵庫(800W程度)であれば、約2.6時間稼働させられます。

電池タイプはリチウムバッテリーで、AC出力は1,000W(定格)です。出力はAC×2(50Hz/60Hz、正弦波)、シガーソケット×1、USB-A×4、USB-C×1で、サイズ/重さは165W×365H×371Dmm /17.2kg。実勢価格は188,900円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事