ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

改造済みの赤外線カメラを手っ取り早く入手する

人間は可視光線を認識して物を見ています。波長の長い赤外線は本来見ることができませんが、その赤外線を高感度に感知できる特殊なカメラを用意すれば、暗闇の中でもストロボを使わずに撮影が可能。つまり、ターゲットに気づかれずに証拠を残せたり、夜の公園で野鳥の観察も可能になったりします。


改造済みの赤外線カメラを手っ取り早く入手する

デジカメを赤外線カメラに改造する

普通に売っているデジカメには、内部に赤外線をカットするフィルターが入っており、赤外線撮影ができないよう設計されています。しかし、その赤外線カットフィルターを除去し、可視光線を吸収して赤外線を透過するフィルターをレンズに付ければ、赤外線撮影が可能となるのです。

赤外線カットフィルターを外すだけだとオートフォーカスが機能しなくなり、満足な撮影が不可能になります。そこで、赤外線カットフィルターの代わりのフィルターをセットするのが改造のコツです。

最近の有名メーカーのカメラはボディに余計な隙が無いため、自分で改造する際はちょっと古めの、しかもマイナーメーカー製カメラを選ぶのがベター。格安で手に入れたカメラを使って腕を磨いてから、本当に改造したいミラーレスなどに挑戦するとよいでしょう。

赤外線改造済みカメラの入手方法

自力で改造するのが面白さではありますが、手っ取り早くそれなりの性能の赤外線カメラを入手する方法もあります。1つはネットオークションで落札する方法です。

某ネットオークションには、コンデジ・ミラーレス・デジタル一眼レフまで、腕に覚えのあるマニアが改造した赤外線仕様モデルが多数出品されています。価格は5千円程度から。財布と相談しながらこれらを落札するのが簡単です。

もう1つは改造サービスを利用する方法。自前のデジカメを赤外線仕様に改造してくれるサービスがあります。ソニー・キヤノン・パナソニックのデジタル一眼レフの改造費用は3万円からです。

実際に、改造サービスで赤外線仕様にしたパナソニックの「LUMIX GH1」で夜間撮影するとノイズが抑えられた状態で、赤外線撮影独特の紫がかった写真になっています。完全な暗闇の中でも、赤外線投光器で照射すれば明るく撮影可能です。

なお、通常のカラー撮影は色味を調整するフィルターを装着すると可能。その特殊フィルターの価格は3万円程度です。

■「赤外線カメラ」おすすめ記事
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
カーフィルムは透視できるか実際に試してみた
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた

■「暗視カメラ」おすすめ記事
FLIRは熱エネルギーを感知する暗視スコープ
暗視スコープ新世代はなんとカラー撮影ができる
暗視スコープに歴史アリ…3つの世代の特徴とは
スマホが暗視カメラになる「Seek Thermal」
隠しカメラになるUSBメモリは暗視撮影も可能

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事