ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

改造済み「赤外線カメラ」手っ取り早い入手方法

市販されているデジカメは設計上、内部に赤外線のカットフィルターが入っているため赤外線撮影ができません。しかし、その赤外線カットフィルターを外して、レンズに赤外線を透過するフィルターを付ければ、赤外線撮影が可能になります。手っ取り早く「赤外線カメラ」を手に入れる方法を紹介しましょう。


改造済み「赤外線カメラ」手っ取り早い入手方法

市販のデジカメを赤外線カメラに改造

人間の目に見える太陽光線は可視光線で、その前後には人間の目には見えない「紫外線」や「赤外線」が含まれています。人間の目には見えない赤外線ですが、じつはカメラの目ではしっかりと撮影可能です。

可視光線は紙や衣服で反射しますが、波長が長い赤外線は紙や衣服を透過したその先で反射します。そのため、赤外線カメラは古文書や絵画に隠された文字、下書きを見ることに利用されたりしているのです。また、目に見えない赤外線を利用すれば暗視撮影もできます。

ただし、市販のデジカメは人間が見えている色と違う色にならないように、赤外線カットフィルターを搭載しています。この赤外線カットフィルターを外してしまえば、赤外線カメラ化することも可能です。

とはいえ、赤外線カットフィルターを外すだけだとオートフォーカスが機能しなくなり、満足な赤外線撮影は不可能。そこで、赤外線カットフィルターの代わりのフィルターをセットするのが赤外線カメラ改造のポイントです。

赤外線カメラへの改造サービスを利用

最近のデジカメはボディに余計なすき間がありません。自分で改造するなら、ちょっと古めの中古デジカメを選ぶとよいでしょう。格安で手に入れた中古デジカメなら、改造の腕を磨くのに最適です。

自力で改造しなくても、手っ取り早く赤外線カメラを入手する方法もあります。1つはネットオークションで落札する方法です。ネットオークションには腕に覚えのあるマニアが改造した、さまざまなタイプのデジカメの赤外線仕様モデルが多数出品。価格は5千円程度からとリーズナブルです。

赤外線カメラを手っ取り早く手に入れるなら、改造サービスを利用する方法もよいでしょう。自前のデジカメを赤外線仕様に改造してくれます。デジタル一眼レフの改造費用であれば3万円からが相場です。

この改造サービスで赤外線仕様にしたパナソニックの「LUMIX GH1」で撮影してみたところ、撮影画像はノイズが抑えられた状態で、赤外線撮影独特の紫がかった仕上がりになっていました。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事