ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhone Xホームボタン復活で操作性を上げる方法

iPhone Xシリーズではディスプレイ外側の枠が薄いデザインが採用されました。格好いいデザインになった一方で、かつて本体下部にあったホームボタンがなくなっています。実はiPhone Xには、ホームボタンを復活させる方法があるのです。しかも、従来のホームボタンより操作性がアップしています。


iPhone Xでホームボタン復活で操作を上げる方法

ホームボタン復活のAssistiveTouch

iPhoneの最新モデル・Xシリーズは、本体枠を薄くしたデザイン「ベゼルレス」を採用。本体サイズギリギリまで画面に使えるため、コンパクトでかつ表示画面が大きくなりましたが、iPhone伝統のホームボタンがなくなってしまいました。

もちろん、ホームボタンなしでも操作は快適ですが、操作感が変わり不便に感じている人も多いはず。実は、そうした人向けに、iPhoneには画面上に仮想のホームボタンを常時表示させておく機能があります。

このボタンは「AssistiveTouch」と呼ばれるもので、元々はスワイプなどの操作がしづらい人向けに用意されたもの。しかし、細かい設定を行うことで、これまでのホームボタン以上にiPhoneを快適に使いこなすことができるのです。

ダブルタップのほか長押しにも対応

iPhoneの仮想ホームボタンともいえる「AssistiveTouch」を表示するには、iPhoneの設定から「一般」→「アクセスビリティ」→「AssistiveTouch」とタップ。表示された項目のなかから「AssistiveTouch」をONにすると画面右下に現れます。

初期状態では、AssistiveTouchはシングルタップのみ「メニューを開く」に設定されています。従来のiPhoneと同じホームボタン設定にするためには、設定項目にある「シングルタップ」を「ホーム」、「ダブルタップ」を「Appスイッチャー」にすればOKです。「AssistiveTouch」の位置は指でドラッグすれば好きな位置に移動できます。

AssistiveTouchはこれまでのホームボタンと違い、さまざまな機能を割り当てることが可能。シングルタップ、ダブルタップのほか、長押しにも対応します。AssistiveTouchに割り当てられる機能には、スクリーンショットやSiriの起動などさまざまです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事