ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

電車アナウンスで知らされない運行状況の調べ方

都市部の駅を中心に駅のホームなどで、駅員が無線機で連絡を取り合っているのを見たことがあるはず。それらの中には、会話を聞くことができる無線が含まれています。通話の内容は多岐にわたるのですが、遅れている列車の運行状況など、電車アナウンスで知らされない役立つ情報が入手できることがあるのです。


スポンサーリンク
電車アナウンスで知らされない運行状況の調べ方

駅員連絡用無線で情報を共有する

JRや大手私鉄では、駅員同士の連絡や情報を共有する目的で「駅員連絡用無線」が増えています。鉄道会社によっては「乗客整理用無線」「駅保守無線」などと呼ばれていますが、使われ方は同じです。

乗降客の多い駅では、必ずと言っていいほど無線が導入されています。使用する無線は鉄道会社によって異なりますが、傾向としてデジタルやアナログの簡易無線が多く、どちらも聞くことが可能です。

最近では、ネットワークを利用した受信できないIP無線が使われるようになりました。一方で、特定小電力無線を使う駅員連絡用に使用する鉄道会社もあって、こちらは受信可能です。

アナウンスでは知らされない情報

駅員連絡用無線から聞こえてくるのは、駅の業務に関することすべて。乗降に介助が必要な乗客の誘導や、終電に乗ろうとする乗客の確認といった業務連絡を筆頭に、急病人や迷惑行為などのトラブル対応にも活躍します。

有益な情報をもたらすのが列車の運行状況。駅事務室に入った列車の運行状況を、ホームの駅員へ伝達する際に無線が使われるので、これを聞くのです。

列車の遅れ具合と駅へ到着時刻、列車が止まっている原因など、電車のアナウンスでは知らされない情報が得られます。鉄道を利用する際にダイヤが乱れていたら、駅員連絡用無線で情報を収集しましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事