ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

OCNモバイルONEなら月300円でデータ通信できる

ただでさえ安い格安SIMは、パケットシェアで通信料をワンコイン以下にすることが可能です。「OCNモバイルONE」は5枚までSIMを増やすことが可能。月額1,566円のプランを5人で分け合えば、1人あたり月300円ほどでデータ通信ができるということ。OCNモバイルONEを詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
OCNモバイルONEなら月300円でデータ通信できる

OCNモバイルONEの容量シェアSIM

余ったパケット(データ通信容量)を他の人と分け合える「パケットシェア」。今や格安SIMにも多数登場しています。

特にお得なのは「OCNモバイルONE」。「容量シェアSIM」では音声対応SIMでもデータ通信専用SIMでもパケットシェアが可能です。そして、5枚までSIMを増やせるので、人数とプランを考えて使うとお得なのです。

例えばデータ通信専用SIMで5Gバイト(月額1,566円)を5人で分け合うと、OCNモバイルONEは1人あたり月313円でデータ通信ができるのです。5Gバイトでは足りないなら、翌月からプラン変更も可能です。

hi-hoは3枚までパケットシェア

「hi-ho」では、家族で3枚までパケットシェアできる「LTE typeDファミリーシェア」がお得。3枚のSIMを発行できて、10Gバイトのパケットを分け合えます。

このほか「DMM mobile」の「シェアコース」にも注目。1つのプランで3枚までのSIMを発行可能。3枚でパケットを分け合えるわけです。

「mineo」はパケットシェアが可能で、余ったパケットを翌月、家族割登録回線でシェアできます。これらに加えて、無料で使えるWi-Fiスポットを利用すれば、パケットを節約できるでしょう。この情報は『ラジオライフ』2016年2月号に掲載されていました。

■「格安SIM」おすすめ記事
格安スマホはSIMフリー端末でなくても利用可能
格安SIMのおすすめポイントをしっかり理解する
スマホもタブレットも使える格安SIMお得プラン
ドコモを格安スマホにすると月5千円も安くなる
格安SIMにおすすめのスマホ端末はこの5機種!
格安SIMおすすめプランで年間6万円以上浮く!
格安SIMおすすめは家族割!さらに安く使える
格安SIMは還元されるポイントで選ぶ手もある
格安SIMでもテザリングを可能にする無料アプリ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。