ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

小さな交通違反で免許停止になるのを避ける方法

運転免許が停止になる「免停」の多くは、一時停止違反や駐車違反など、点数が1~2点の交通違反を何度も繰り返すパターンです。過去の交通違反を全て覚られるとは限らないので、知らぬうちに点数が溜まり気が付いたら免停の通知が来てしまうことも…。そうした「うっかり免停」を避けるためのコツを紹介します。


小さな交通違反で免許停止になるのを避ける方法

免許停止を避けるための無事故無違反

50km/h以上オーバーのスピード違反のように、過去無事故無違反でも一発で免許停止になる交通違反もありますが、どちらかといえば少数派。多くの交通違反は1~3点の違反です。1回で免許停止になることはありませんが、何回も繰り返して6点以上溜まってしまうと免許停止です。

点数が溜まるのは過去3年分のため、1年に1回、駐車違反を繰り返すと免許停止になる6点へ達してしまいます。しかし、実は溜まった点数をもっと早く消す方法があります。それは、最後の違反から1年間無事故無違反を続けることです。

1年間無事故無違反を続けると、それ以前の点数は通算されないという例外があります。つまり、点数計算上は消えたのと同じことになるのです。点数が4点、5点と溜まってきたら、不用意な交通違反で免許取消にならないよう、1年間道路交通法をしっかり守ることが、免許停止を避ける秘訣になります。

免許停止を避けるために違反者講習

1~3点の違反だけで6点ぴったりになった場合、免許停止を避ける方法がもうひとつあります。それは違反者講習を受けるというものです。対象の人には各都道府県公安委員会から受講案内が届きます。講習は合計6時間で、受講料は社会体験コースが9950円で、実車講習コースが1万3400円です。

違反者講習を受けるメリットは、免許停止にならないだけでなく、免許停止の前歴も付かないことです。この違いは大きく、前歴1回の場合、次は4点から免許停止になるのに対し、違反者講習を受ければ前歴なしのため6点まで免許停止になりません。

ただし、違反者講習を受けられるのは3年に1回だけ。一度、違反者講習で点数も前歴もチャラにしてもらった場合、3年以内に再び6点に達してしまうと、今度は30日の免許停止が待っています。


前歴3回は免許停止どころか免許取消

1年間の無事故無違反が消してくれるのは、違反や事故の点数だけではありません。免許停止の前歴も、点数と同時にゼロに戻ります。前歴1回のケースだけでなく、2回、3回と累積していた場合でも、1年の無事故無違反を続ければ前歴がすべて消えるのです。

とくに前歴が3回以上と、いわば「免停ぐせ」がついている人は、とにかく1年間無事故無違反を続けることが大切。というのも、3年以内の前歴が3回を超えると、次に4点以上の違反・事故を1回しただけで免許停止どころか免許取消になってしまうためです。

注意したいのが、免許停止直後から1年間の無事故無違反を目指す場合で、このときの「1年間」は免許停止処分が終わってからの計算になりまます。例えば、2019年5月1日に60km/h超過のスピード違反をして、6月26日に90日間の免許停止になった場合、2020年9月23日まで無事故無違反を続ける必要があるのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事